HOW TO WASH A SHIRTS

シャツの洗濯方法

毎日着るシャツは自分で洗うのが基本です。クリーニング店では高温液体での洗濯及び高温・高圧のプレスが生地に
ダメージを与え、縮みの原因にもなりかねません。いつまでも大切に着続けるためにも、自宅での洗濯がおすすめです。

  • point

    STEP.1

    洗濯表示を事前に確認しましょう。

  • sankaku
  • point

    STEP.2

    衿や袖口など汚れの目立つ部分は、部分洗いの洗剤、もしくは固形石鹸を汚れの部分に塗り、10分~15分水に付け置きし、汚れを取ってから洗濯しましょう。洗剤は無蛍光タイプを使用してください。

  • sankaku
  • point

    STEP.3

    洗濯の前に衿先ボタン、カフスボタン、衿キーパー(脱着式タイプ)などを、取りはずしておきます。

  • sankaku
  • point

    STEP.4

    表の生地にダメージを与えないよう、前立てボタンを留めてからシャツを裏返します。

  • sankaku
  • point

    STEP.5

    袖口などがからまないようシャツを小さくたたみます。 汚れの付きやすいカフスと衿はたたむ際に表に出しておきます。

  • sankaku
  • point

    STEP.6

    必ず洗濯ネットを使用しましょう。その際、ひとつのネットに1枚のシャツが原則です。

  • sankaku
  • point

    STEP.7

    洗濯ジワを少なくするため脱水時間は短め(15秒が目安)に設定。タンブラー乾燥は避けてください。

  • sankaku
  • point

    STEP.8

    脱水後はすぐに取り出し、シワを伸ばして形を整えて下さい。

  • sankaku
  • point

    STEP.9

    衿は着用時のように形を整え、第一ボタンを留めてハンガーに掛け、陰干しします。
    脱水時間を短くすることで、残った水分の重みでシワが伸ばされます。